夫の海外出張についていくのってアリ?私が同行しなかった3つの理由

こんにちは、あおい(@aoironote16)です。

 

先日、夫が3か月の海外出張に行くことになりました。

行き先はドイツです。

 

夫に「ついて来る?」と聞かれたのですが私の中にその選択肢はなく、速攻で断りました。

しかし、正直ついていくのって世間的にアリなの?と気になったのも事実…

 

3か月も1人で待っているのは寂しいですし、海外に行くいい機会だなとも思ったんです。

 

そこで今回は夫の海外出張への同行はアリなのかについて考えてみました。

ついていこうか迷っている方の参考になればと思います。

 

夫の海外出張に同行しなかった3つの理由

そもそも、私が同行を断ったのにはちゃんと理由があります。

それが以下の3つ。

  • 現地で1人の時間が長いから
  • お金がかかるから
  • 英語がわからないから

 

順番に説明していきます。

現地で1人の時間が長いから

そもそも夫は仕事でドイツに行くわけです。

ということは日中(少なくとも9時~19時)は仕事で私とは一緒にいられません。

 

右も左もわからない異国の地で、昼間10時間ひとりぼっちなのは辛すぎます。

 

特に私はインドア派なので、そんな場所でほおっておくと丸一日部屋から出なかった、なんてことになりかねません。

それじゃあドイツに行く意味がないです。

お金がかかるから

飛行機代や滞在費など、海外に3か月住むとなるとお金がかかります。

夫の分は会社からほぼ出るのですが、さすがに妻の分までは出ませんからね…

 

新婚で、ウエディングなどが控えている私たちの家計はそんなに余裕がないので、海外出張への同行は現実的ではなかったんです。

英語がわからないから

言葉の壁は厚いです。

夫はドイツ語こそできないものの、仕事で使っている英語はそこそこできるみたい。

ドイツでは英語ができれば何とかなるみたいなので、夫は言葉に関しては問題なさそうでした。

 

しかし、全く英語もドイツ語もできない私。

日中1人で行動することになったら、苦労すること間違いなしです。

 

というわけで、海外出張へついていくのは現実的ではないと判断した私は1人日本に残ることを決めたのでした。

 

スポンサーリンク

周りの意外な反応

「海外出張にはついていかないほうが常識」とまで考えていた私。

ところが、私がついていかないことを話すと周りの人たちは意外な反応を示しました。

「なんで来なかった(行かなかった)の?」と聞かれる

友人と遊んだときに「夫が3か月ドイツに出張に行っていてさみしいんだ~」と話したりします。

すると、「なんでついていかなかったの?」「ついていけばよかったのに~」なんて言われることがしばしば。

 

一方夫もドイツで同僚に「奥さんは連れてこなかったの?」なんて聞かれることもあるみたいです。

 

私はこれには驚きました。

特に、私たちが新婚ということで「新婚旅行として一緒に行けばよかったのに」と言う人が多いです。

 

うーん、確かにそれもアリだけど…新婚旅行は仕事とは別で行きたいかな?

ついていくのもアリかも

というわけで、私は夫の海外出張についていきませんでしたが、同行するのも意外とありなのかな?と感じました。

周りの目は意外と気にならない

ついていきたいけど、周りにどう思われるかが心配…という方は、案外気にしなくてもいいのかも知れません。

世間的にどう思われるかは気にせず、夫婦で話し合って決めればいいと思います。

1人で行動できるならOK

忘れてはいけないのが夫はあくまで仕事のために海外に行くということ。

2人の旅行気分で行ってしまってはかなり退屈な期間になってしまうことと思います。

 

出張先で1人になってもちゃんと行動できる!という方のみ、ついていくことをおすすめします。

私のように、ひきこもる可能性がある方は考え直したほうがいいかもしれません。

まとめ

  • 夫の海外出張についていくのは世間的にアリ
  • 自立して行動できるならOK

 

私は上記の理由からついていくことをあきらめましたが、次またこんな機会があれば行ってみるのもアリかなと考えています。

海外で1人なんて…と思っていたけど、最近は意外と楽しいかも?なんて考えが変わってきつつあります。

 

というわけで、ついていくかは行きたいという気持ち次第

旦那さんとよく相談してみてくださいね。

 

もし言葉の壁で行くのを躊躇しているならば、出張前に勉強してみるのもひとつの手です。

「DMM英会話」ならネットで気軽に英会話を勉強できますよ。

体験レッスンが2回まで無料なので、気軽に挑戦できるのが嬉しい。

 

▼「DMM英会話」について詳しくはこちら!

 

それでは、あおい(@aoironote16)でした!

 

▼夫の出張が決まったら読みたい記事