Wordでシステム手帳の自作リフィルを印刷する方法【ミニ6】

 

こんにちは、やまね(@aoironote16)です。

 

私はミニ6サイズのシステム手帳を使っています。

コンパクトで使いやすく気に入っているのですが、ひとつ困ったことが。

 

それは、手持ちのプリンターだとリフィルが自作できないということ。

うちのプリンターは変形サイズを読み込んでくれないんです…

 

というわけで、WordでA4サイズに印刷して切り取る方式をとることにしました。

Wordならパソコンが苦手な私でも簡単に操作できるので…

その作成手順を画像付きでまとめます。

 

MEMO
今回はミニ6サイズで作っていますが、サイズを変えればバイブルサイズもいけますよ!

 

システム手帳リフィルの自作手順

まずはWordで、すべてのリフィルの元となる枠を作っていきます。

5ステップで簡単に完成しますよ!

 

①用紙サイズを「A4」に

用紙サイズは「A4」に設定します。

最初からA4になっている場合がほとんどです。

 

②余白を「狭い」に

余白は「狭い」に設定します。

このように設定すると、一度にミニ6リフィル4枚分を作ることができます。

 

③テキストボックスを作成

リフィルの枠線となるテキストボックスを作ります。

「挿入」→「テキストボックス」→「横書きテキストボックスの描画」を選択したら、紙面上の適当なところにテキストボックスを作りましょう。

 

サイズ変更

先ほど作ったテキストボックスのサイズを変更します。

ここではミニ6のサイズである「126×80mm」にしましょう。

 

「書式」を選択し、右端の「サイズ」にそれぞれ「126」「80」と記入するとテキストボックスのサイズが変わります。

 

位置の調整

テキストボックスの位置を調整します。

「書式」→「位置」から左上のアイコンを選択。

 

枠線の色を変更

枠線の色を黒から薄いグレーに変更します。

この枠線は切り取り線になるのですが、色を薄くしておくことで切り取りが多少雑でも目立ちません。

もちろん黒のままでもOKなので、ここは飛ばしても大丈夫です。

 

「図形の枠線」から薄めのグレーを選択します。

 

スポンサーリンク

④テキストボックスをコピー

完成したテキストボックスをコピーします。

テキストボックスを選択した状態でキーボードの「ctrl」+「c」を押します。

 

テキストボックス以外のところをクリックしてから「ctrl」+「v」で貼り付け。

全部で4つのテキストボックスを作ります。

 

⑤位置の調整

4つのテキストボックスの位置を調整します。

先ほどと同様に、「書式」→「位置」でそれぞれを四隅に配置します。

 

これでリフィルの原型が完成です。

ここに、

  • 文字を入力する
  • 表を作成する
  • 画像を貼り付ける

などして好きなリフィルを作ることができます。

 

印刷して薄いグレーの枠線に沿って切り取り、穴をあければ自作リフィルの完成!

 

ちなみに、穴あけパンチはアシュフォードのものを使っています。

穴あけが楽でお気に入り。

 

自作リフィルのアイデア集

自作リフィルの可能性は無限大。

リストを作ったり写真を印刷したり、好きなリフィルを作りましょう!

 

先日、私が自作したリフィルを紹介してみます。

 

資料を印刷する

ミニ6サイズは小さいため、A4サイズの資料などをはさむのは難しいです。

そんなときは、スキャンして縮小印刷すればOK!

 

プリンタでスキャンして取り込んだ画像を挿入して、リフィルの枠線に合わせてサイズを変更します。

A4サイズの横向きなら、上の写真のように縦の大きさを合わせるのがおすすめ。

 

こんな感じで折ってはさむことができるサイズになります。

 

まとめ

  • Wordを使えばシステム手帳リフィルを自作できる!

 

本格的なリフィルを自作される方もたくさんいて、ものすごく憧れています。

でも、パソコンに疎い私にはハードルが高く…

 

Wordなら少しは使えるので、簡単にですがリフィルを自作してみました。

ちょっとした文書や資料をリフィル化するならば十分なので、ぜひ試してみてください!

 

それでは!

 

▼「システム手帳」関連記事はこちら