私は「手帳マニア」ではなく「手帳の中身マニア」なのかもしれない

 

こんにちは、手帳が大好きなあおい(@aoironote16)です。

 

このブログでもたびたび取り上げているテーマ、それが「手帳」です。

私はとにかく手帳が好きで、1年に何冊も購入したり使い方を研究したりしてきました。

 

ただ手帳とうまく付き合うのは難しく、なかなか苦労もしてきました。

「こんなに好きなのに、どうして冷たいの…?」みたいな。

 

しかし最近、自分は手帳の何に惹かれるのか?ということがだんだんわかってきました。

それが「手帳の中身」です。

 

スポンサーリンク

気づけば「手帳が趣味」に

そもそも私が手帳にはまったのはつい最近で、「手帳が好き」とはっきり自覚したのは3年前とのことでした。

手帳自体はそれ以前から使っていましたが、そこまで強く惹かれてはいませんでした。

 

ハマったきっかけはインスタグラム(aoironote16)。

大学を休学して療養しているとき、手帳に書いていた日記をなんとなく上げ始めたのです。

 

実はインスタグラムには手帳を公開している方がたくさんいます。

毎日かわいい手帳ページをアップしている方々を見て、いつのまにか手帳という沼に引きずり込まれていました。

 

いつしか「趣味は手帳です」と言うように。

これを人に言うと必ず「?」という顔をされるので、趣味としての手帳の楽しみ方を挙げておきます。

  1. 手帳を何冊も買う
  2. 多冊使いをする
  3. 手帳の使い方を研究する
  4. 手帳関連の書籍、雑誌を買う
  5. 手帳の中身をデコる
  6. 他の人の手帳画像を眺める

などなど、楽しみ方は十人十色。

 

今は手帳熱もかなり落ち着き、1冊の手帳を使いこむことに決めています。

でもやっぱり魅力的な手帳を見つけると「使ってみたいな」と心が揺れますし、SNSで素敵に手帳を使っている方を見るとときめきますね。

 

手帳とどう付き合うか

そんな感じで趣味として手帳を楽しんできた私。

しかし、手帳とうまく付き合えているという感覚はなかなかわいてきませんでした。

 

「手帳が好き」と一言で言っても、実はいろんな楽しみ方があります。

  • 手帳をたくさん買うのが好き
  • 手帳を何冊も使い分けるのが好き
  • 手帳を使いこなすのが好き
  • 手帳をかわいくデコるのが好き

私はよくばりなので、このどれもを求めてしまっていたのです。

そりゃうまくいかないわけだ。

 

で、ちょっと考えてみたところ私は「手帳を使って生活をよりよくする」ことに興味があるなと。

というわけで今は手帳をツールとして使いこむことに熱心です。

 

 

そんな私が今気になるのが、人の手帳の中身。

特に、人に見せるつもりのない自分のためだけの手帳に強く惹かれます。

 

スポンサーリンク

手帳の中身にときめく

新品の手帳にももちろん心惹かれますが、使い込まれた手帳は世界にひとつ。

持ち主の人生がつまっているといってもいいでしょう。

 

そんな手帳はなかなか見せてもらえるものではありませんが、たまにテレビのドキュメンタリー番組などでびっしり書き込まれた手帳がちらりと映ったりすると気になっちゃいます。

 

例えば、夫の手帳も私の興味の対象です。

私と同じ手帳を使っている夫は、仕事の予定やタスクを書き込んだりライフログをとったりしています。

 

キレイさなんてどうでもいい、という感じで雑に書かれた文字。

毎日仕事をがんばっているんだということがわかる手帳は興味深いです。

 

手帳の書き方には性格も出ます。

私は失敗が怖くていつも丁寧に書き、変更の可能性がある予定はふせんに書いて貼ったりしています。

夫はとにかく書きます。修正も気にしません。

 

手帳ひとつからいろんな物語が見えてくるのです。

 

こんなものも気になる対象

余談ですが、手帳だけでなく文房具全般が好きな私はこんなものも気になります。

 

ドラマに登場する文房具

ドラマを観ているとたまに、登場人物が手帳を開くシーンや万年筆を使うシーンなどがあったりするんです。

これがものすごく気になる。

 

自分も持っているものだったりするとテンションMAXです。

 

働く人の手帳・ノート

芸人さんのネタ帳とか、アナウンサーのお仕事ノートとかがテレビで登場すると「おお!」となります。

華やかな仕事の裏側という感じで、何が書いてあるのかとっても気になる!

 

最近だと、義祖母が箱根駅伝のタイムをノートに細かく記録しているところを目撃してそわそわしました。

人が何か書いているのって、なんであんなに気になるんでしょう。

 

まとめ

  • 手帳にはいろいろな楽しみ方がある
  • 手帳の中身には持ち主の人生がつまっている

 

手帳は多くの方にとって単なる道具かもしれません。

しかしだからこそ、私は惹かれるのです。

 

道具として使いこまれた手帳は、人生の大事な相棒となります。

あなたの手帳はどんな風に育っていますか?

 

それでは!

 

 

▼「手帳」関連記事はこちら

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で