手帳ラインナップ総特集【2019年版】

【東広島】酒どころ西条のお土産「酒粕かりんとう」。”利き酒”ならぬ”利きかりんとう”で銘酒を楽しむ

こんにちは、あおい( @aoironote16)です。

東広島市の西条は、日本三大銘醸地にも選ばれている酒どころ。「酒都西条」なんて呼ばれることもあるほどです。

西条駅近くに位置する酒蔵通りをはじめ、東広島市内各地で9つの蔵元が酒造を行なっています。

そんな西条へ訪れたら、ぜひお土産に買ってほしいのが「酒粕かりんとう」。地元企業である香木堂が販売するこのお菓子は、西条の美酒を手軽に楽しめる逸品です。

参考 酒粕かりんとう香木堂 公式ページ

香木堂「酒粕かりんとう」を西条土産に

東広島市在住のわたし。今回は、実家への帰省時に手土産として酒粕かりんとうを購入しました。

西条らしいお菓子なので、観光土産はもちろん手土産にもぴったりかと。

酒粕かりんとうに使われている酒粕は5種類。東広島にある蔵元それぞれの銘酒を使用しています。

箱入り「酒蔵の香」を購入

蔵元ごとの個包装になっており、バラ売りで1つからでも買うことができます。1袋は多すぎず、1度に数種類を食べ比べできる程よい量。

また、箱でセット売りもされいます。今回は、4種類入の「酒蔵の香」を購入。価格も1080円と手頃です。

4蔵元の酒粕を使用

「酒蔵の香」に入っているのは、以下の4種類。いずれも東広島で長く酒造を行なっているところです。

  • 賀茂泉
  • 福美人
  • 亀齢
  • 桜吹雪
MEMO
酒粕かりんとうはノンアルコールです。お酒が飲めない方も安心して味わうことができるのも、うれしいポイント。

”利きかりんとう”を楽しむ

酒粕かりんとうは、蔵元ごとの食べ比べも楽しみ方の1つ。まさに”利き酒”ならぬ”利きかりんとう”ができるんです。

わたしも今回、初めて数種類のかりんとうを食べました。酒粕の違いなんてあるのか…と思いましたが、風味にそれぞれ特徴がある気がします。

香木堂の公式ページでの解説はこんな感じ。

  • 賀茂泉…すっきりとした香り
  • 福美人…ふくよかな香り
  • 亀齢…きりっとした香り
  • 桜吹雪…はなやかな香り

言われてみれば、確かにこんな表現がぴったりかかも。違いはそこまで際立っているわけではありませんが、比べるとちゃんと特徴があっておもしろかった!

いずれにも共通なのは、甘酒のような自然で優しい甘さ。しつこさが全くなく、でも酒粕の風味はしっかりと感じられました。

酒粕かりんとうを買うときは、ぜひ数種類を一度に食べ比べて”利きかりんとう”に挑戦してみてください。

スポンサーリンク

香木堂「酒粕かりんとう」の価格・販売場所

30gの個包装は、216円(税込)。これより少し大きな40gのパックは432円(税込)となっています。

セットでの販売もあります。わたしが購入した4種セット「酒蔵の香」以外にもいろいろあるので、公式ページをご覧ください。

ギフトセット – 【公式】香木堂

販売は、東広島市内をはじめ各地で行なわれています。詳しい取り扱い場所は以下のページをどうぞ。

お取り扱い店舗 – 【公式】香木堂

まとめ

独特な風味がクセになる酒粕かりんとう。ほどよい甘さで、お茶請けにもぴったりな一品でした。食べ始めたら止まらない。

お酒が好きな方だけでなく、大人から子供まで食べやすいと思います。西条を訪れたらぜひチェックしてみてくださいね。

それでは、あおい( @aoironote16)でした!

参考 酒粕かりんとう香木堂 公式ページ