夫婦2人の通信費は月1万円以下にできる!スマホ&ネット料金を節約しよう

こんにちは、あおい( @aoironote16)です。

現在、夫婦2人暮らしの我が家では月々の通信費を約8000円におさめています。

固定費の削減こそ節約の基本。スマホやネットの使用状況を見直した結果、必要最低限の料金で済むようになり家計に余裕が生まれました。

通信費に必要以上のお金を払うのはもったいない!使われずに消えていってしまうだけですからね。

今回は、我が家で実践した通信費の節約方法を解説していきます。

スポンサーリンク

通信費の節約方法

通信費を削減するためにできることは、次の2つ。

  1. 大手キャリアから格安SIMに乗り換える
  2. Wi-Fiを有効活用する

ここで大切なのは、最初に通信費の利用状況を確認すること。

電話をよく利用したり、外出先で動画をみたり。スマホやネットの使い方は人それぞれ違います。

場合によっては、安さだけを求めると逆に損をすることもあるので注意!

  • スマホの利用目的
  • ネットの使用頻度

節約の第1ステップとして、上の2つを書き出しておくことをおすすめします。

①格安SIMに乗り換える

通信費の節約に欠かせないのが、格安SIMへの乗り換えです。

格安SIMは、docomoなどの大手キャリアと比べて料金が安いのが大きな特徴。プランの選択肢も多く、自分に合ったものを選びやすいです。

私も、格安SIM(LINEモバイル)に乗り換えて通信費の大幅な削減に成功しました。

大手キャリアと格安SIMの料金比較

大手キャリアと格安SIMで料金にどれくらい差が出るのかな?と調べてみた結果がこちら。

  • 大手キャリア…月額7000〜8000円
  • 格安SIM…月額2000〜3000円

もちろん個人差はありますが、平均するとこのくらいのようです。 1ヶ月あたり5000円程度の差がありますね。

実際、私の場合もこのくらい節約できました。docomoを利用していたときの料金は月7000円程度だったのが、LINEモバイルに変えてからは月2000円前後に。

夫もdocomoから格安SIMのイオンモバイルに乗り換えたので、スマホ代は月に約2000円。我が家のスマホ代は月約4000円で、2人合わせても大手キャリアの月額平均より安くなりました!

「安くなる分、不便になるのでは?」と心配でしたが、私たちの場合はそんなこともなく快適に利用できています。

格安SIMと大手キャリアの比較はこちらに書いてます。

docomoから格安SIMへ乗り換えるメリット・デメリット

格安SIMに乗り換える際に考えておきたいポイントは、電話とネットの使用状況。大手キャリアの契約内容が本当に必要なのか見直して、通信費を節約するべし!

電話を使う頻度を考える

大手キャリアのメリットとして、電話代が比較的安いことが挙げられます。

格安SIMは大手キャリアと比べて電話代が少し高め。また、大手キャリアには定額制のかけ放題プランもあったりします。

しかし、そのプランは本当に必要でしょうか?

私は、家族や友人との通話はLINEを利用しています。ネット回線を利用して通話できるLINEなら電話代はかからないので、気兼ねなくおしゃべりすることができています。

電話を使う場面が主にプライベートなら、このようにLINEなどの通話アプリを利用できるので高額の通話プランは必要ないかも。

電話を使う頻度が低い方は、格安SIMに乗り換えることで通信費を減らせます!

データ通信の使用状況を考える

スマホの料金プランは、1ヶ月で利用できるデータ容量によって決まります。

実際に使っている分より多い容量を契約していたら、それはもったいない!

まずは利用明細を見て、1ヶ月あたりどのくらいデータ通信を利用しているか確認してみるべし。

格安SIMは、データ容量によって料金プランが細かく設定されていることが多いです。例えば私が使っているLINEモバイルの場合、選べる容量は以下の5つ。

  • 1GB
  • 3GB
  • 5GB
  • 7GB
  • 10GB

使える容量が大きくなるほど料金も上がります。

自分に必要なデータ容量を確認して最適なサイズを選ぶことで、スマホ料金のムダを省くことができるんです。

私が契約しているのは3GB。スマホは主にLINE、SNS、ネット閲覧に使うのですが、3GBあれば充分です。

さらにLINEモバイルならLINEとSNSはデータ容量に関わらず使い放題なので、もっと少なくてもいいくらい。

LINEモバイルの料金プランについて、詳細は公式サイトをどうぞ。

また、Wi-Fiを併用することでデータ通信料をおさえることもできます。Wi-Fiについてはこのあと解説しますね。

スポンサーリンク

②Wi-Fiを活用する

通信費を節約するために、Wi-Fiを上手に活用することも大切。

私たち夫婦は2人とも家でパソコンを使うため、ネット回線を契約しています。

選んだのは「BroadWiMAX」。料金は月4000円で、データ通信は3日間で10GB使用することができます。

また、ポケットWi-Fiなので外出先にも持っていって使うことができて便利。どんな場所でも快適にネットを利用することができています。

せっかくネット回線を契約するなら、しっかり活用しましょう!Wi-Fiを有効利用すると通信費のムダは減らせます

スマホのデータ通信量をおさえられる

家でWi-Fiを契約しているなら、スマホにも接続して利用するとお得です。

ネット通信をする際にWi-Fiを使うと、その分はモバイルデータ通信とみなされません。そのため、データ通信量をおさえることができるんです。

特に家でネットを閲覧することが多いなら、Wi-Fiに接続することで月々のデータ通信量が減ります。そうすれば料金プランを安いものに見直すこともできるかもしれません。

私も、家でスマホを使うときは必ずWi-Fiを使っています。その結果、ここ数日のデータ通信量はこんな感じに。

Wi-Fiに接続した分はデータ通信としてカウントされてないため、かなり使用量をおさえられています。過去5日間にいたっては全く使っていないことになってる…!

ポケットWi-Fiは外出先でも利用できる

もし外出先でスマホやパソコンを利用する機会が多いなら、ポケットWi-Fiをおすすめします。

その特徴は、持ち運んでどこでもWi-Fiを利用できること。

通常のWi-Fiルーターは固定回線を使っているので移動はできませんが、ポケットWi-Fiは回線が必要ないため持ち運びできるんです。

例えば、旅行に行く場合。Googleマップで道を調べたり、移動中に動画や音楽を楽しんだりなどネットを頼る場面も多いものです。

そんなときに通信制限を気にしなければいけないのは結構なストレスに。

ポケットWi-Fiを携帯していれば、旅行先でも通信量を気にせずネットを利用できます。

我が家で契約している「BroadWiMAX」は、月額使用料も4000円以下とお手頃。光と比べて通信速度は落ちるようですが、普通に使う分にはそこまで気になりませんでした。

BroadWiMAXの料金など、詳しくは公式サイトへ。

BroadWiMAX公式サイト

まとめ

最後に、我が家で行なった通信費の節約方法をもう一度まとめます。

  • スマホを大手キャリアから格安SIMへ乗り換える
  • Wi-Fiを有効活用してデータ通信量をおさえる

この2つで、夫婦2人暮らしの通信費は月8000円程度になりました。

通信費は、使っていない部分はただの浪費になってしまいます。必要な量を見極めてムダを省くことで、節約につながりました。

家計の節約を考えているなら、ぜひ通信費から見直してみてくださいね!

それでは、あおい( @aoironote16)でした!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で