【格安SIM】docomoからLINEモバイルへ乗り換えるメリット・デメリット

こんにちは、元docomoユーザーのあおい( @aoironote16)です。

私は現在、LINEモバイルという格安SIMを利用中。約8年使ってきたdocomoから乗り換えたのですが、使い心地にはとても満足しています。

しかし、乗り換える際には不安もありました。

大手キャリアであるdocomoと比べて不便な点はあるのか、使い勝手はどう変わるのか…わからないことが多く「長年使ってきたdocomoをやめて大丈夫かな?」とドキドキでした。

そこで、実際に大手から乗り換えてわかった格安SIMのメリット・デメリットを紹介します。

あおい

同じように不安を抱いている方は、良い点と不便な点どちらも把握した上で検討してみてくださいね!

スポンサーリンク

docomoからLINEモバイルへ乗り換えた理由

null

まずは私のスペックを軽くご紹介。

  • 夫婦2人暮らし
  • 20代主婦
  • docomo歴約8年
  • スマホは主にLINEやSNSに使用

こんな目線で感じたメリット・デメリットを挙げていきます。

スマホは毎日しっかり利用していますが、あくまで「安く快適に利用できればOK!」というスタンスです。私と同じ初心者さんのお役に立てば!

私が長年利用してきたdocomoから格安SIMへ乗り換えることを決めた理由は、次の2つ。

  • 料金が安い
  • 夫がすでに使用していた

夫婦2人暮らしの我が家は家計にあまり余裕がなく、節約できるところは積極的に削ろうと奮闘中。通信費にそこまでお金をかけたくないので、安さが売りの格安SIMに興味を持ったのが始まりです。

また、結婚前に夫がいち早く格安SIMを使い始めていたのも理由の1つ。

見ていて特に不便がなさそうだったし料金もぐっと安くなっていたので、私自身も乗り換えを決意しました。

数ある格安SIMの中でLINEモバイルを選んだ理由は別記事で解説予定!



格安SIMのデメリット

null

docomoから格安SIMに乗り換えて生じたデメリットは主に以下の3つ。

BAD
  • キャリアメールが使えない
  • 家族割がない
  • 初期設定がめんどう

あおい

私の場合はどれも事前にわかった上で乗り換えたので問題なしですが、大手キャリアのサービスに慣れていると「不便だな」と感じるかも。

キャリアメールが使えない

キャリアメールとは「〜@docomo.ne.jp」といった形の大手携帯会社が提供するメールアドレスのこと。

このキャリアメールをメインのアドレスとして使っている方も多いと思いますが、格安SIMに乗り換えるとキャリアメールは使用できなくなります

つまり、長年使ってきたメールアドレスを手放す必要があるということ。

この問題はGmailなどのフリーメールを利用することで解決できます。アドレス取得も簡単ですし、使い勝手もキャリアメールとほとんど変わりません。

また、中には独自のメールサービスを提供している格安SIMも存在します。例えばmineoは「〜@mineo.jp」というアドレスを利用できるそうなので、フリーメール以外のアドレスを持ちたい方にはおすすめ。

しかし、どちらにせよメルアドの変更は避けて通れません。アドレス変更の連絡に少しの手間がかかるというデメリットはあります。

MEMO

ちなみに、電話番号はそのまま引き継ぐことができるのでご安心を!

解決方法
  • フリーメールを利用する
  • 独自のメールサービスがあるものを選ぶ

家族割がない

docomoを利用していて便利だったのが「家族割」。家族間の通話は料金がかからないというサービスです。

私が電話をする相手はほぼ家族のみだったので、docomo時代は恩恵をしっかり受けていました。

格安SIMの通話料は基本的に30秒20円。相手が家族でも一律なので、頻繁に通話をすると月額料金が安くなるどころかかえって高くつくことも!

私の場合、家族や友人とはLINE通話を使うことにして対処しました。LINE通話はネット回線を使ってやり取りするため、通話料は全くかかりません。

ATTENTION

ただし、LINE通話にはデータ通信料がかかります。

Wi-Fiを利用すれば通信量を気にせず使用できますよ。

しかし、プライベートだけでなく仕事で電話をよく利用する場合などLINEを使うわけにいかないこともあると思います。そんな場合はオプションでかけ放題プランをつけることもできるので要チェック!

解決方法
  • LINE通話を利用する
  • かけ放題プランを選ぶ

初期設定がめんどう

大手キャリアの場合、店舗に行って手続きするのが当たり前。わからないことも店員さんに聞きながら契約の最後までサポートしてくれます。

しかし、格安SIMの多くはウェブ上で手続きを行わなければいけません

まず自分でプランを選び、申し込みをするとSIMカードが届きます。そこから初期設定を自力でする必要があるのです。

実際にやってみて、初期設定は少しめんどうだと感じました。ただし、手順をしっかり確認すれば間違えることはないのでご安心を!

どうしても不安な場合は、実店舗がある格安SIMを選ぶのも手です。以下は全国にショップを展開しているので、近くにあるか調べて見てくださいね。

解決方法
  • 実店舗のある格安SIMを選ぶ

スポンサーリンク

格安SIMのメリット

null

次に、docomoから格安SIMへ乗り換えて感じているメリットを紹介します。

GOOD
  • 使用料が安い
  • 料金プランがシンプルかつ豊富
  • 店舗に行かずに手続きができる
  • 通信速度は気にならない

あおい

使い始めるまでは不安もありましたが、実際には大手キャリアよりいいと思える点も多くありました!

使用料が安い

格安SIMに乗り換えた1番の理由である、料金の安さ。

  • docomo…月7000円程度
  • LINEモバイル…月2000〜3000円

LINEモバイルのコミュニケーションフリープラン(3GB)を利用している私のスマホ代は、なんと月1690円

通話料がプラスされるのできっかりこの値段におさまるわけではありませんが、多く見積もっても月3000円を超えることは今のところなさそうです。

docomoと比べると、毎月4000〜5000円ほど節約できています。年間にすると約6万円!

料金プランがシンプルかつ豊富

スマホの料金プランってややこしい…といつも思っていました。

内容が複雑だったり、いろいろとオプションをつけられてしまったり。料金の内訳を見てもいまいちピンとこないのが不満でした。

その点、格安SIMは料金プランがシンプル。私の今月分の明細はこんな感じです。

docomoでは明細を見ても複雑すぎてちんぷんかんぷんだったのが、LINEモバイルにしてからはスッキリシンプルに!

  • 月額基本料金
  • 通話料
  • オプション料金

多くの格安SIMがこんな感じでシンプルな料金プランを提供してくれています。

また、プランの選択肢は豊富。データ容量によって細かく料金が設定されているので、自分にぴったりのサイズを契約することができます。

ムダがない料金設定がほんとにありがたい!

店舗に行かずに手続きができる

デメリットで「初期設定を自分でしなければいけない」ことを挙げました。格安SIMはウェブ上で申し込み自宅で設定を行う必要があります

しかし、これは裏を返せばメリットでもあると感じています。

docomoをはじめ、ショップは混雑していることも多いです。自分の番まで待つ必要があったり、契約自体にも1〜2時間かかってしまうことも。

店舗に行かずに契約できる格安SIMは、そうしたわずらわしい待ち時間がありません

まとめ

長年使ってきたdocomoから格安SIMへの乗り換えは不安もあるはず。

ここまで書いてきたように、格安SIMにはメリットもデメリットもあります。

  • スマホ代を安く抑えたい方
  • 通話をあまりしない方
  • データ通信をあまりしない方

以上のような方は、格安SIMに乗り換えることでスマホ代を今より抑えられる場合があります。

特に節約したいなら格安SIMは最高!今のところ不便はなく、LINEモバイルにしてよかったと感じています。

格安SIMへの乗り換えに興味がある方は、メリットとデメリットをふまえて検討してみてくださいね。

それでは、あおい( @aoironote16)でした!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で