机の上をスッキリきれいに片付けるコツ。物を置かない状態を保とう!

こんにちは、あおい(@aoironote16)です。

私がちょっとこだわっていること、それは机の上をきれいに保つことです。

毎日使う机だからこそ、ごちゃごちゃせずきれいな状態だと気分もいいですよね。

今回はそんな私が気をつけている、机の上をスッキリきれいに保つコツをご紹介します。

あおい

リビングの机もダイニングテーブルも仕事用デスクでも、基本のコツは一緒。気になる机で試して見てくださいね。

机の上に物を置かないための最初のステップ

机の上をきれいに保とう!と意気込む前に必ずやるべきこと。それは机の上のものを一旦全部片付けることです。

物を置かない状態をキープするためには、まず何も置かない状態を一気に作ってしまいましょう。

そもそも、机の上が片付かなくて困っている方は「気づいたら散らかっていた」という方がほとんどだと思います。

私も経験があるのですが、机の上が散らかる原因は「とりあえず置き」なんです。

  • またすぐに使うから「とりあえず」置いておこう
  • しまう場所が決まっていないから「とりあえず」机に置こう

という感じで、ちょっとの「とりあえず」が溜まっている状態ができあがっていきます。

そして、机の上に少しでも物が置いてあると、それを呼び水にしてどんどん物が増えていきます。物を置くハードルがどんどん下がっていくんですよね。

そのため、きれいな状態を作るためにはまず完全にリセットする必要があるのです。

今、机の上に置かれているものを1つ1つチェックしてみましょう。いらないものは捨てて、必要なものは収納したり用事を済ませたりしていきます。

机の上をきれいに保つ3つのコツ

さて、机の上に物がない状態を作ることができたらそれをキープしたいですよね。

しかし、それって意外と難しいこと。ガーッと片付けてもまただんだんと物が増えていき、また一気に片付けて…の繰り返しということが私もよくありました。

できれば物のないスッキリきれいな状態を長く保ちたい。そのために私が日々意識しているコツはこの3つ。

  1. 机の上を定位置にしない
  2. 「とりあえず」をなくす
  3. 1日1回リセットする

あおい

今でもたまに物が増えてしまうことがありますが、これを意識することで簡単に元に戻すことができるように。

①机の上を定位置にしない

まず1つ目のコツは、机の上が定位置であるものを作らないこと。

  • ティッシュボックス
  • 文房具
  • 調味料

なども、机の上以外に置き場所を用意しましょう。

先述しましたが、物は物を呼びます。机の上に物が1つでも置いてあると、それが呼び水となってどんどん物が置かれていきます。

なんというか、1つでも物が置かれていると更に物を置くハードルがぐっと下がるんですよね。

逆に何もないまっさらな状態の場所を散らかすのは、なんとなく気が引けます

どうしても他に置く場所がない場合を除いて、なるべく机の上を定位置にするのはやめたほうがいいでしょう。

②「とりあえず」をなくす

どこに片付けようか悩んだら、とりあえず机の上にポン。

これ、わたしもついやりがちです。

しかし、この「とりあえず」が机の上の散らかりの元凶

  • 家計簿につけようと思っているレシート
  • 処分に迷ったチラシ
  • あとで読むつもりの雑誌

などなど、「とりあえず置いておこう」というものが机の上に溜まりがちではないでしょうか。

このとりあえず置かれたものって、行き場が決まっていないせいで片付けが難しい。そのせいで余計に蓄積しやすいんです。

とはいえ、片付けるべき場所が決まっていないものなどは「とりあえず置く」以外に選択肢がないよ!と思いますよね。

この解決策としては、仮置き場を作ることです。

A4サイズの箱や引き出しの1段などを仮置き場に設定して、今までとりあえず机の上に置いていたものをそこにしまうことにするのです。

そうすれば、机の上に行き場のないものが溜まることはなくなります。

MEMO
もちろん、仮置き場の中身は定期的に見直す必要があります。1週間に1度は中身を選別して空にしましょう!

スポンサーリンク

③1日1回リセットする

定位置にしない、とりあえず置かない。とはいえ、机は毎日使う場所なので全く物を置かない状態を24時間キープすること不可能です。

だから、1日1回リセットする習慣をつけましょう!

おすすめは夜寝る前。机の上に置かれたものを全て片付けてから寝るようにすれば、毎朝スッキリした状態のテーブルで朝食を食べることができます。

朝1番に目に入る場所がきれいだと、気分もいいですしね。

あおい

机のリセットは毎日の習慣にしてしまえば、1日あたりの片付け量はほんのわずか。以外と苦になりません。

机の上に物を置かないメリット

以上の3つのコツを実践すれば、机の上をきれいに保つハードルはぐっと下がるはず。

それでもやっぱりめんどくさい…という方のために、机の上に物を置かないことで私が感じているメリットを紹介します。

いつでも広々使える

机の上をきれいにキープしておくことで、いつでも快適に使うことができます

例えば、趣味である手芸をしようと思い立ったとき。机の上にものが散乱していると、十分なスペースが確保できずせっかくのやる気もしぼんでしまいます。

机の上がいつもきれいだと、思い立ったときに好きなことをストレスなく実行できます。

机は物置ではなく、作業スペースです。いつでもひろびろつかえる机は、毎日をちょっと快適にしてくれます。

単純に気持ちがいい

便利だとかそれ以前に、机の上がきれいだととても気持ちがいいです。

いつでも目に入る場所である机の上が物で溢れていると「ああ、片付けなきゃな」とどんよりした気分になります。

ダイニングテーブルで食事をするときやリビングの机でお茶をするとき、スッキリ片付いた机だと心も落ち着く気がするんです。

部屋全体がなんとなく散らかっているなあ…と思うときも、まずは机の上からきれいにしてみてください。

あおい

最もよく使う場所がきれいになると、それだけで気分が上がりますよ。

まとめ

最後に、机の上をきれいに保つコツをおさらいしておきます。

  1. 机の上のものを全部片付ける
  2. 机の上を定位置にしない
  3. 「とりあえず置く」をやめる
  4. 1日1回リセットする

机の上が片付かなくて困っている方は、ぜひ1度このコツを試してみてくださいね。

それでは、あおい(@aoironote16)でした!

▼片付けのコツについてはこちらもおすすめ